読込中
ドラムセット!! 第6回

知り合いと呼んだらよそよそしすぎ、友達と呼ぶには格上すぎて何という間柄と書けばいいのかわからないんですが、某I君に大量にいただきました。


読込中

なんでも売り物にはできないやつらしくてこのままだと捨てられてしまうとの事。そんなのはもったいないのでくれるものならもらいましょう、という事に。
届いてビックリ、想像以上の本数ですね。
前回紹介したスティックとはちょっと太さとかが違うのですが、この大量のスティックに手を合わせていきましょう。
これ、何年くらい買わないでいいんですかね。
本当に感謝です。

ドラムセット!! 第5回

ウップス!スネアのヘッドが割れました。


読込中

人生初の経験ですね。
今まで使ってたのと素材が違うから弱そうな気はしてたんだけども。
でも音的に気に入ってたので、新しいヘッドも同じヤツを買いました。

読込中

チューニングを含め交換時間計30分ほど。
ギターとかみたいに音程の決まりがないからいじればいじるほどハマっていきます。
まるでアリジゴクのよう。
最終的には「これでいっか!」ってな感じで交換終了です。

ドラムセット!! 第4回

RECをしてきたのでその時の写真でも見てくださいよ。


読込中

右側から。マイクが立ててあると本物っぽいでしょ。
前回と違ってシンプルなセッティングですね。
「ハイハットが高いね」とよく言われますがそんなのお構いなし。
続いて二枚目↓

読込中

スネア&スティック。
どっちも変えました。
ずっと第三回で紹介したような和太鼓のバチ的なやつを使ってたんだけどやっぱりこういう方が色々ニュアンスも出せるしいいんじゃないかと思いまして。
ちなみに会社は同じくpro-mark。
スネアのヘッド(皮)は普通のとは一味違った感じで。
チューニングがもっとうまければみんなが驚く音が出るだろうに。
宝の持ち腐れですな。そんな事ないですな。いやいや。
さてさてラストは↓

読込中

今度は左側から。
何て事はないんですけどもね。
靴が揃えて…自殺者が約1名くらいいるみたいで。
写真の左側は崖になってるんですよ。
なんて事を言ってみたり。

ドラムセット!! 第3回

何回もやる意味あるのか?とは思いつつも第三回です。今回の写真は二枚です。


読込中

今REC中なんです(2003.6.4現在)
その時に使ったセットはこんな感じ。いつものに加えて10"のタムが増えてます。
叩く場所が増えるとバリエーションが増えますね。他はいつもと同じかな。
続いて二枚目↓

読込中

風児君の使ってるスティックはこんな感じ。(pro-mark,RK-1)
普通、スティックって先端が「す〜っぽこっ」ってなってるけど、風児君が使ってるのは終始同じ太さ。
先端が細い普通のものよりも音量が稼げそうなので使ってます。
あと、他のスティックと違って塗装してないので汗をかいても滑りにくいのです。愛用の品。
今回はこの辺。また次回をお楽しみに。というかまだ次回はあるのか?

ドラムセット!! 第2回

ちょっと好評だったので第二回。写真は一枚なんだけどね。


読込中

これはMTRと呼ばれるたぐいのもので、いわゆる打ち込みを流す時に使います。
UILUSではTとかO:Pとかで使ってます。
風児君がヘッドホンする曲はこれを使ってます。

はい。第二回終了。

ドラムセット!! 第1回

ドラムやってる人はこんな感じのをはたいてるんだぞ、って言うのをちょっとでも分かってもらえたらなぁ…。
(ドラムセット自体はとあるライブハウスのものです。)


読込中

各名称はこんな感じ↓

読込中

書いてある数字はサイズ(インチ)。
シンバルが一枚入りきらなかったので別ショット↓

読込中

これはチャイナという種類のシンバル(18")。
ガムテが貼ってあるのは音が大きすぎたので音量を下げるため。
続いて足下…↓

読込中

右側を右足で、左側二つのどちらかを左足で踏む。
左足は普段はほとんど左側を踏んでいるけど、ドカドカしたい時は右側を踏む。
すると、右足を踏んだ時と同じように右足元にある太鼓がなるという仕組み。
一番左はハイハットにつながってるペダルで、右側二つはツインペダルと言って右足元の太鼓(バスドラム)につながってます。

自分所有はスネア、スプラッシュ、チャイナとツインペダル。
自分でセット持ちたいけど大きいから場所取るんだよね。
とっても所有してられません。まあそのうち、ね。

第一回はこんな感じで。また気が向いたら更新しまっす。

↑ページTOPへ

Copyright (C) 2001-2017 fuuji