読込中
2004.01.10

入院中に撮った写真達を載せますね。肖像権侵害とかの文句があったら言って下さい。その写真は削除しますんで。一枚一枚コメントしてきたいけど数が多いので却下です。じゃあとくとご覧あれ。


読込中 読込中
読込中 読込中
読込中 読込中
読込中 読込中
読込中 読込中
読込中 読込中

2004.01.07

さーて最終日。今朝ご飯を食べ終わった所です。昨日の夜母が来て、いらない物をだいたい持って帰ってもらったんだけど、ふりかけとごはんですよを残しておいたの。朝ご飯用に。そしたら今日の朝ご飯はパンでした。くそ。意味ねーじゃんかなぁ。まあ昨日持って帰ってもらって今日白飯だけってよりはいいからオッケーだな。
 昨日の夜「帰ってきたドラえもん」っていう映画を見たのね。ドラえもんが未来に帰っちゃうっていう内容なんだけど、のび太君の事が心配で帰るのをためらっているドラえもんにのび太が「勉強もちゃんとやるしおつかいもするしジャイアンとかスネ夫のいじめにも負けないよ」とか言って安心させるの。で、帰る前日の夜に外でジャイアンとばったり出くわしたのび太がケンカで勝つのよ。その辺のセリフがもうね。号泣なの。見た事ない人いると思うけど、一度ご覧あれ。号泣です。大藤が。あぁ。
よーし、退院だぁ。

2004.01.06

普通の飯になり、おなかにも軽く力が入るようになってきて年越しです。クリスマスから年越しまでを病院で過ごす事など初めてでしたね。年明けの病院の食事はほぼ普通と一緒。若干おせち的な物が加わったり、器が新年風になったりしてましたけども。基本的にあんまりおせちが好きではないのでちょっと残し気味になってしまう分、いただいたヨーグルトや果物でカバーです。
先生の話では元旦に退院してもよかった感じなんだけども、6日に胃カメラするために通院しなきゃいけなかったので、家にいても特別することないし、胃カメラ終わるまで入院させてもらう事に。まあ誰かしら来てくれる事が多かったので退屈することはそんなに無かったですね。感謝感謝。トランプとかしてました。
んで、今日。ついに胃カメラです。ここでいい感じの結果が出るようだったら退院は明日です。胃カメラ初めてなんだよねぇ。オエッってなりそうなイメージがあるからあんまりやりたくないんだけれども、まあ仕方がない。やらなきゃいけないね。喉に麻酔をしてもらって、ちょっと眠くなるやつを注射してもらって胃カメラ開始。注射のせいであんまり憶えてはいないんだよね。なんだかんだで終了。またまた注射のせいで足下がおぼつかないので、車いすでベッドまで送ってもらいました。ベッドに戻り、ドラえもんの映画を見ていると先生がいらっしゃった。「問題なしのようなので〜」みたいな内容だった。どうやら退院は明日みたいですね。よかったよかった。退院したらやりたい事がいっぱいだ。何からやろうかな。

2003.12.29

昨日の夜、やっとこさ飯が出た。とは言うもののいきなり普通の飯は食えないので、流動食からです。メニューは、三分粥、茶碗蒸し、何だかわからないスープ、オレンジジュースとヨーグルト。基本的に薄味が苦手な風児郎君。お粥が非常にうまくないです。たまごが駄目な風児郎君。茶碗蒸しは残しました。スープ、においは甘いんだけど、味がイマイチ。なかなか入っていきません。頑張って少しずつ食べた。30分たったか、1時間たったか、やっとこさお粥とスープをたいらげました。残るは好物です。と思いきや、オレンジジュースも薄味。あんまりうまくなかった。まぁいきなりガツガツ食うわけにもいかないし、このくらいは我慢しなきゃいけないのかなぁ。早くまともなご飯にありつきたいわい。
寝て起きて朝。今日はあんまり寝れなかったから昼間に寝よう。うん。朝ご飯は、同じお粥とジュースとお椀にはいった透明なドロドロ。最初、ドロドロが見えず、空の容器だと思ってみそ汁か何かを入れてくれるんだと思って待ってたの。そしたら中身入ってるじゃん!!みたいなね。お粥は相変わらず苦手です。が、正体不明なドロドロがまずいのよ。こっちを先に頑張って食ったから、お粥は昨日ほど時間がかからんかった。最後にジュース。一口飲んだ。何か違う。オレンジじゃなかった。桃だ。色が同じ感じだから分からんかった。分かるようにしてくれたらいいのに。
飯を食ったら、シャワーです。シャワーは2回目。昨日も入ったんだよね。しかし、昨日は残念な事に手持ちが洗顔しかなかったのよ。だけど、せっかくシャワーの許可が出たんだから洗いたいじゃん。だから顔はもちろん、頭も手も足も洗顔で洗いましたとさ。で、今日のシャワーは一歩進んで、洗顔+石鹸。あんまり進歩ないけど、昨日よりはまだ、ましだろ。昨日母にシャンプーとボディーソープ頼んだから、明日は平気だべ。
シャワーから出てしばらくすると昼食。またお粥(相変わらず三分)、ヨーグルト、オレンジ(?)ジュース、牛乳、お茶。同じようにお粥は慣れないけども、なんとか食べれるようになったかな。他は全然余裕な物ばっかだから勝った気でいたの。最後にオレンジジュースを。まず一口。あれ?温かい。甘くない。頭の中で会議を2秒程した結果、判決が出た。みそ汁だ。具無しの。ヨーグルトとか牛乳以外はみんなピンクの半透明なコップに入ってるから見ただけで判断出来ないのよ。ジュースだと思って飲んだみそ汁の味といったらもう最悪です。見た目で決めつけるのは良くないね。
先生に言わせると、若いためか何なのか、回復が早いらしい。最初の話では、流動食の許可が出るまで1週間くらいかかるって言われてたしね。今日の夜からは五分粥+普通のおかずになるらしい。楽しみだ。で、明日の朝には点滴もなくなるかも、との話しだす。早く自由の身になりたいわ。腹の抜糸は1週間くらいかな、って言われたから退院はまだ先なのかな。休める時に休んでおこうや。うん。

2003.12.28

え〜、風児郎君、2003.12.25から入院しております。病名は十二指腸潰瘍(穿孔?)。穴があいてしまったんですね。先生の話によると、原因はストレス、偏食、不規則な生活あたりでしょう、とのこと。どれも当てはまります。しっかりした生活をせにゃいけませんな。
救急車に乗ったのは骨折した時に続いて2度目。貴重な体験再びです。病院に着くと診察、レントゲン、また診察。胃か十二指腸に穴があいてるとのこと。手術後に十二指腸潰瘍と教えてもらいました。で、この状態で食べ物が入っていてはまずいので取り出す事に。そのためのビニールのチューブを鼻から胃まで入れました。途中でオエッってなるし、すごく気持ちが悪い。奥まで入れ終わったら、取りあえずは落ち着いたんだけど、つばを飲み込む度にのどがチューブで圧迫されて非常に気持ちが悪かった。そんなのに耐えながらCTスキャンで撮影されて、さらに診察。しばらく待って手術です。今回は初めての全身麻酔。おなかが痛いので早く、って感じでしたね。ベッドで運ばれて手術室へ。点滴されながら「これで段々眠くなりますからねー」って言われたのが最後。気がつくと病室で寝ておりました。
鼻の管はまだささりっぱなし、加えて麻酔のために呼吸が出来ない(おぼつかない)ためか、酸素マスクを取り付けられてました。右の鼻の穴は管でふさがれ、左の穴は鼻づまりなので呼吸は口から。となると、自然に口の中が乾燥するんだわ。それで口の中を潤そうとしてつばをためて飲み込むと、またのどの奥の管のせいで気持ちが悪い。
朝までその繰り返し。全然寝れんかった。そんな感じで朝になり、診察。酸素の濃度を調べられた後、マスクと鼻の管が取り除かれたのよ。そしたら一気に楽になったね。手術で腹に穴あけたから腹筋に力はあまり入らないんだけど、それ以外はほぼ平常。起きているのと寝転がるのと歩くの以外は支障がない感じですね。でも起き上がるのが大変なので何もする気にはなりませんが。
26日、27日とuilusのすすむちゃんや高校の先輩、後輩とか来てくれて、割と時間がたつのが早いです。ただ潰瘍なんで食べ物はまだです。でも隣の人は食ってるんだよねー。いいにおいがしてくるぜ。くそ。
話は変わるけど、ここの看護婦さん、みんな素敵なんですよね。病院のドラマみたい。上司に渡辺えり子みたいな人がいて、他は女優さんみたいなんですよ。お見舞いに来てくれた後輩も言ってたから間違いない。先生も結構カッコイイ人が多いし。前に入院した時は全然思わなかったんだよね。ここはルックスで選んでんのかな。んなわきゃーない。
今日は28日です。誰か来るかなぁ。早く飯食いたい。風呂入りたい。外出たい。退院したい。年越しはどうやらここになりそうです。

↑ページTOPへ

Copyright (C) 2001-2017 fuuji